Boards Of Canadaにインスパイアされた幻想的なサウンドのプラグイン『Pastoral Tones』

SampleScienceが新たなプラグインインストゥルメント『Pastoral Tones』をリリースしました。

Sponsored Links

Audio Demo

Win/Mac、32/64bit、VST/AU対応。

Pastoral Tonesはサンプルベースのプラグインインストゥルメント。スコットランド出身のエレクトロデュオ、Boards of Canadaにインスパイアを受けて作られたようです。

オシレーター、サブベース、Vinyl/Film Grainの2つのノイズ、2種類のフィールドレコーディング音、の合計6つの音をミックスして音作りします。それぞれにGain/Pan/ADSRが搭載。個別にON/OFFもできるのでサブベースだけを鳴らすことも可能です。
フィールドレコーディングは子供の遊び声と川の音の2種類。使い方は上のデモ音源が参考になりますね。

リバーブ、LFOも搭載。モジュレーションホイールでLFOの適用量を調整できます。

プリセットは62個収録されていますが、このプリセット自体がオシレーターの音色となっています。
Boards of Canadaにインスパイアされたということで、アンビエント/エレクトロニカに適した、まさに!という感じのパッドやリードサウンドですね。
ただ、各パラメーターのオートメーションに未対応、サンプルベースなのでサウンドメイクの自由度は低め。せめてオートメーションに対応してくれたら面白いことができそうなのですが、これは今後のアップデートに期待しましょう。

ただ、音自体は個人的に非常に好み。幻想的で優しいサウンドを奏でてくれます。
お値段は19ドル。Boards of Canadaなどのアーティストが好きな方はぜひチェックしてみてください。

Link

Pastoral Tones | SampleScience

Sponsored Links

Comment