無料とは思えないクオリティ!Kontakt用レコードノイズパーカッション音源『Cracklebot』

無料とは思えないクオリティ!Kontakt用レコードノイズパーカッション音源『Cracklebot』Fairly Confusing Waveformsから無料Kontakt用レコード(Vinyl)ノイズパーカッション音源『Cracklebot』がリリースされました。

Sponsored Links

デモ

レコードノイズのループサンプルを多数収録。Kontaktにてリアルタイムに演奏、リズムの組み立てをできるようにしたもの。公式では“vinyl noise machine”と謳っています。IDMやエレクトロニカなどに向いてそうですね。

左側にサウンドを操作するノブ。右側にサウンド選択画面といったレイアウト。ただ、多機能なので使いこなすが難しい…。

キーボード対応図

赤色でサウンドバンクを選択。青色でサウンドバンクのページ移動。緑色でサウンドバンクの中のサンプルを演奏できます。つまり膨大なサンプルたちをキーボードだけで全てリアルタイムに切り替えて操作できちゃうよってわけです。

黄色の部分でサウンドバンクをランダムに選んでくれます。これによって偶発的なリズムも作りやすくなっています。わかりにくい?使ってみればわかる(適当)

アサインも簡単!

もちろんKontaktなのでこれらは自在にアサイン可能です。右下の「KEY」と書いてある所を押すとMIDIキー編集画面へ。

アサイン可能なパラメーターがズラッと並び、パラメーター横の “L” と書いてあるところを押してからキーボードを押すとすぐにアサインされます。楽チン。

他にもディレイやリバーブ、タイムストレッチをかけれたり歪みを加えれたりとかなり高機能。KontaktのInfo機能で、キーボードの下にそれぞれのパラメーターの説明が出てくるのでそれを見ると理解しやすいと思います。でも正直少し触っただけでは全く使いこなせません笑。

サウンドバンクを自分で作ることも可能なようなので、使いこなせたら強力なツールになるかもしれません。なによりレコードノイズの音はやっぱり気持ちいい。そして無料です(!) 気になった方はぜひチェックを!

ダウンロード

Fairly Confusing Waveforms: Cracklebot – vinyl noise machine

Sponsored Links