チューニングを手軽に一瞬で安定させる弦交換の味方「Stretcha」使ってみた

世界中で話題のギターツール「Stretcha」買っちゃいました!ストレッチャと読むらしいです。なんか可愛い。

一週間前に届いたのですが、弦を張り替えるモチベーションが上がらず今日までホッタラカシにしてました。やっと重い腰を上げて弦張り替えたのでやっとこさStretchaの出番です。その実力やいかに。

Sponsored Links

まず何が便利なのよ?

ギタリストの方ならご存知でしょうが一応。

張り替えたばかりの弦はちゃんと伸びきってないので、チューニングを合わせても勝手に伸びやがりまして、すぐに狂ってしまうんです。なので弦交換した後は必ず弦を引っ張るなり、チョーキングするなりで弦を伸ばしてあげないといけません。それがまた時間がかかって面倒で、しかも均等に伸ばすことは難しい。引っ張りすぎて弦切れた!って経験がある方も多いのではないでしょうか?(自分も経験者です)

そんなギタリストの悩みを簡単に解決してくれるのがこの「Stretcha」なのでございます。わかりにくい文章ですが、へぇーぐらいに思っていただければ(笑)

使ってみた

よりにもよって元からチューニングが安定しにくいビグスビーで試してみます。ずっと張り替えてあげてなくてごめんな…。

・とりあえず弦を張り替えます

Stretcha3

・とりあえずチューニングします。

ギターのチューニングは

(E)(A)(D)じー(G)ちゃんとば(B)ーちゃんがエ(E)ッチしてた

と覚えましょう。

・ここでようやくStretchaの出番です

Stretcha1

写真のようにStretchaに弦を引っ掛け、ブリッジ側から1フレットぐらいまでスーっと滑らしてから、またブリッジまでスーっと戻ってチューニング。これを一つの弦につき2,3回ほど繰り返す。たったこれだけです!

感動しました

手軽ですが、ちゃんと効果がないと意味がありませんよね。

正直いうと自分も半信半疑だったのですが、これ凄いです。マジですぐにチューニング安定しました!グレッチでここまで安定するとは…Stretcha その実力は間違いなく本物です。

これで今までより弦交換が苦痛じゃなくなります!いや本当ありがとうStretcha。産まれてくれてありがとうStretcha。

ベースでも同様の効果が得られるようで、ギタリスト・ベーシストの方は持っていて間違いありません。これは本当にオススメします。

 

Sponsored Links

Comment