ストラトキャスターを虐めまくったKontaktライブラリ『Strashed』

Muletone AudioがリリースしているKontaktライブラリ『Strashed』をご紹介。

Sponsored Links

Video Demo

Audio Demo

StratocasterとTrashedをあわせた造語なのでしょうが、その名の通りストラトを殴ったり、叩きつけたり、引きずったり、ノコギリで切った音を収録したという凄いライブラリですね。ですが容量は2GBを超える、本気のライブラリです。

フルバージョンのKontaktにのみ対応。

Kontaktパッチは大まかに分けて「Single Hit」と「Rhythmic and FX」に分類され、Single Hitは17個、Rhythmic and Fxは3個のパッチが用意されているようです。

デモソングを聴いた限りでは、シネマティック系やインダストリアルな曲、エレクトロニカやアンビエントなどにも向いてそうですし、DnBなどのブレイクビーツに取り入れても面白そうです。

気になるお値段は9.99ドル。お求め安い価格も魅力ですね。

ちなみに、使用されたストラトはフェンダー製とのこと。さすがフェンダー、ぶん殴っても良い音するんですね。

Link

Price:$9.99

Strashed | Muletone

Sponsored Links

2 thoughts on “ストラトキャスターを虐めまくったKontaktライブラリ『Strashed』

  • 2015/10/16 at 17:22
    Permalink

    リンクありがとうございます!

    面白い音源ですよね。しかもフェンダーって言うのが驚きです。やっぱりJapanでなくUSAの方でしょうか?

    小さなデベロッパーなので、競合が少なそうな、こういうニッチな音源を開発するのかな?
    なんて、勝手に深読みするのも、セールブログを書くときのちょっとした楽しみだったりします笑

    安いですし、私もちょっと買おうか迷っています。

    Reply
    • 2015/10/17 at 02:20
      Permalink

      こちらこそリンクありがとうございます!

      ニッチな音源、それ自分も思っていました笑。何でもありかよ!っていうアイドルとかバンドがいたりしますが、それに近い何かを感じますね笑。

      Reply

Comment