ギタリスト必見!Rosen Digitalが無料のキャビネットシミュレータープラグイン『PULSE』をリリース

ギタリスト必見!Rosen Digitalが無料のキャビネットシミュレータープラグイン『PULSE』をリリースRosen Digital Audioが無料プラグイン『PULSE』をリリースしました。

Sponsored Links

Video

数多くのギターキャビネットのインパルスレスポンスをリリースしているRosen Digital。インパルスレスポンスを読み込んで使うキャビネットシミュレーター。
今回のプラグインはギター用アンプやエフェクターのプラグインを開発しているIgnite Ampsとの共同リリースのようです。

Win/Mac、32/64bit、VST/AU対応。(AAX版も後日リリースされるとのこと)

使い方は簡単。アンプシミュレーターのすぐ後ろにこのPULSEをインサートします。その際、アンプシミュレーターの中のキャビネット部分はオフにしてください。
そしてPULSEの画面上にあるフォルダアイコンをクリックし、フォルダを指定するとそのフォルダに収録されているインパルスレスポンス一覧が表示されますのでその中から選ぶだけ。

最大2つのインパルスレスポンスを読み込むことができ、簡単にA/B比較ができます。異なるキャビネットで鳴らしたギターを左右に振り分けるということもでき、ディレイパラメーターも搭載されているのでダブリングを疑似的に再現することも可能です。
ハイパス・ローパスフィルターが搭載されているのも嬉しいですね。

使用には別途インパルスレスポンスファイルが必要となりますが、ネットで『Guitar Cabinet IR』などで検索すれば無料のものも多く見つかります。MeloDealerでもいくつかご紹介しています
ですがやはり配布元のRosen Digitalの高品質なインパルスレスポンスがおススメですね。8ドルから購入できるので手を出しやすいかと思います。

キャビネットシミュレーターを使うだけで生の空気感が加わり、非常にリアルなサウンドに豹変します。まだ試したことのない方にはぜひ試してほしいですね!きっと感動すること間違いなしです。もちろん、ベースにも使えますよ!

Link

Pulse – Rosen Digital Audio

Sponsored Links