64bit環境で32bitプラグインが安定して使える「jBridge」が最高

どうもラカです。今回は「jBridge」という便利ツールを紹介します。かなり有名なツールですが、知らない人のために。

Sponsored Links

64bit・32bitのジレンマ

時代は64bit。新製品ともなればほぼ全てのプラグインが64bit対応してるのですが、ちょっと古いプラグインともなれば開発が終わっていて32bitにしか対応してないものがほとんど。惜しいですよね。

大抵のDAWには32bitのプラグインを64bit環境使えるようにするブリッジ機能が付いていると思いますが、動作が重かったり突然落ちたりといった不具合が多いです(少なくともCubaseでは多い)。そもそも使えないプラグインもあり、これに悩まされた経験がある方もきっと多いと思います(特にDTM初心者!)。自分、始めの頃はPCのスペックのせいにしてましたから笑。(OVERTONEさんもこのような記事を書いておられました。)

64bit環境だけど、この32bitのプラグインがどうしても使いたい…。そんなジレンマを解決するのが「jBridge」です!

64bit・32bitの架け橋

jBridgeはj’s stuffが製作した、32bitのプラグインを64bitに変換できるツール。(またはその逆、64bitのプラグインを32bitに変換することも可能)

下にニョキっと生えてる

こんな感じでプラグインの下にjBridgeが表示されるようになります。ちょっとダサい。

 

お値段は14.99€。日本円で大体2000円ぐらい。

有償かー…だったらDAW付属の変換でよくね?となると思いますが、DAW付属のものに比べ安定性が段違い。JBridgeを導入してから、プラグインが落ちるということは無くなりました。使えなかったプラグインも使えるように!正直、Cubase以外のDAWを使ったことがないので他のDAWの変換機能の安定性がわからないのですが、少なくともCubaseでは絶大な効果を発揮しています。

いつプラグインが落ちるかとビクビクしながら作曲していたら、せっかくのアイデアが逃げてしまうことになりかねません。そのストレスが無くなるというだけでも2000円の価値は十分にあると思います。

しかしながら結局は32bitのプラグインを無理やり64bitにしているわけなので、自分の場合はなかったのですがプラグインによっては当然不具合や立ち上がらないものもあるようです。デモ版も配布されているので使いたいプラグインがjBridgeで救済できるか試してから購入するのがベター。ちなみに当然ですが64bit版がリリースされているのであれば必ずそちらを使うようにしましょう。

購入は以下のリンクから。

>>jBridge

PayPal経由で購入可能。

余談

jBridgeですが、割れ防止のため?に上の画像の線を引いている部分にメールアドレスと名前が表示されます。

まぁ大抵の人は大丈夫だと思うのですが、自分の場合 名前を間違えられてました(゚д゚)

 向井 理 (Mukai Osamu)
× 向井 理 (Mukai Ri)

ぐらいの惜しい間違い(゚д゚)笑

まぁ使えるし別にいいんですが、なんかモヤモヤするのでこれから購入しようと思っている方はご注意を…。

jBridge レビューリンク

64bitで動作しない32bit Pluginを救済する!jBridgeのご紹介 (by jMatsuzaki)

◆ いまさらjBridgeの設定概念・流れ (by jskcの目指せDAWマスター! (7年目突入))

64bit環境で32bitVSTを動かす jbridge (by テクネクマヤコン)

Sponsored Links

Comment