Boz Digital Labsが多機能ゲートプラグイン『Gatey Watey』をリリース

Boz Digital Labsが新製品であるプラグイン『Gatey Watey』をリリース。期間限定で無料配布中です。

Sponsored Links

Video Demo

Win/Mac、32/64bit、VST/VST3/AU/RTAS/AAX対応。
多機能なゲートプラグインです。

RANGE(スレッショルドで設定した値以下の音をどのぐらい上げ下げするかを設定するパラメーター)、ATTACK/RELEASE、LOOKAHEAD機能も搭載。

さて、気になるのが中央上部にある3つの「MODE」。これがGatey Wateyの売りなのですが、Gatey Wateyでは設定した周波数にのみゲートをかけるということができるんです。
例えば上の画像では、一番左のローパスモードを選択し、その下のFREQUENCY(周波数)を大体1000Hzぐらいに設定しています。すると1000Hz以上の音にのみゲートがかかるというわけです。(ハイパスモードだとこの逆で、1000Hz以下の音にのみゲートがかかります)
この設定はちょっと極端な感じですが、これでスレッショルドを超えた時だけ高域の音が鳴るようになり、アクセントをより際立たせることができます。他にもアイデア次第で色んな使い方ができるでしょう。

もちろん、真ん中の棒線のようなアイコンのモードにしてあげると普通のゲートプラグインとして使うことが可能です。CPU負荷もとても軽く、かなりおススメできるゲートプラグインが登場したという感じです。これでサイドチェインも搭載されていれば完璧だったかも。

価格は10ドル。
201/05/07までの期間限定で無料配布されています。もし購入時にクーポンが適用されないようでしたらクーポンコード『freegatey』を適用することで無料で手に入れることが可能です。
気になった方はこの機会にぜひチェックを!

Link

Gatey Watey

Sponsored Links