あのブレイクビーツが簡単に演奏できる無料プラグイン!アーメンブレイク専用サンプラー『The Amen』

ヒップホップで使われ始め、後にジャングルやドラムンベースというジャンルを生み出した 恐らく世界で最も有名で、最も使用されたドラムブレイク。それがThe Winstonsの楽曲「Amen, Brother」中のドラムブレイク、通称“アーメンブレイク”です。

これの1:25~辺りがそのアーメンブレイク。どこかしらで一度は耳にしているはずです。もうめちゃくちゃ使われてますから。もっとアーメンブレイクの歴史について知りたい方はこの動画(ニコニコ動画)がおススメです。

というわけで、今回ご紹介するのはリリース元が“アーメンブレイクドラムシンセサイザー”と謳っている無料プラグイン『The Amen』です!

Sponsored Links

Video Demo

SynthEdit製。32bit、Windowsのみ対応。密かに64bit.ver作ってるらしいです。

仕様や特徴を箇条書きでまとめてみると

  • MIDIノートC1-A4までの合計46個にスライスされ、それぞれのキーでトリガーできる。
  • ベロシティ101以上でリバース再生。
  • エフェクトなど設定項目が豊富で積極的に音作りできる
  • 各スライスごとにエンベロープを設定できる。
  • プリセットめっちゃ良い

 
とこんな感じでしょうか。操作性は普通のサンプラーと変わらないのですぐにわかるかと思います。

このプラグインがあれば、オーディオファイルを切り貼りして並べ替える…サンプラーにアーメンブレイクを読み込ませてスライスしてアサインして…という作業要らずで簡単にアーメンブレイクを使ったかっこいいブレイクビーツを作ることができ、ツマミを動かしてリアルタイムで音を変化させることもできます。

プリセットも非常に素晴らしく、Jungle Amenと言うプリセットを鳴らしたとき「おぉ!ぽいぽい!」と思わずテンションあがってしまいました笑。MIDIキーボードのピッチホイールでリアルタイムにピッチが変えられるのも面白いです。素晴らしいプラグインを手に入れてしまいました。

各スライスごとにエンベロープを弄る方法

各スライスごとの設定がちょっとわかり辛いかもしれないので簡単に説明を。まず真ん中の「- Main Env -」と書いてあるところがメインエンベロープですね。


そして矢印の部分が編集するスライスを決める場所になります。この画像のように「Main」と書かれている状態だと、全てのスライスに対してエンベロープが適用されます。


この「Main」という文字を押すと、このようにスライス一覧が表示されるので選択。


するとMain Envと表示されていたのが選択したスライスの名前になってますね。矢印の「Enable」を押すことでそのスライスからメインエンベロープが解除され、個別にエンベロープを適用できます。

「Fw Loop」と書かれているところを押すと、トリガーしている間、そのスライスがループされます。Fw Start/Endの間にあるボタンを押すと「Fw」が「Rv」(リバース)という表示になり、スライスの逆再生がループされます。

ただしスライス別に適用できるのはエンベロープ部分のみで、エフェクトやピッチなどは個別に設定できません。

Download

Download Free Legendary sliced loop plug-in: DB-Force The Amen by Mastrcode Music

Sponsored Links

Comment