AudioThing、レアなアナログドラムマシンを再現したプラグイン『Latin Percussion』をリリース

AudioThing、レアなアナログドラムマシンを再現したプラグイン『Latin Percussion』をリリースAudioThingがリズム/パーカッションプラグイン『Latin Percussion』をリリースしました。

Sponsored Links

Demo

Win/Mac、32/64bit、VST/AU/AAX対応。

Sound Master Latin Percussionという80年代に発売されていたヴィンテージアナログドラムマシンをエミュレートしたサンプルベースのプラグインです。

Sound Master Latin Percussion

Bass、Low Conga、High Conga、Bongo、Claves、Maracasの6種類のサウンドを収録。

オーバードライブ、リバーブの2つのFXと、ステップシーケンサーも搭載されています。ステップシーケンサーで組んだパターンはドラッグ&ドロップすることでDAWにMIDIとして簡単にエクスポート可能。
AudioThing名物、ランダマイズボタンももちろん搭載されています。

価格は39ドル。現在、イントロプライスで30ドルで購入可能です。
かなりレアなリズムマシンらしく、そのサウンドがこの価格で手に入るのはマニアからすればたまらないでしょう。気になったかたはぜひチェックを。

Link

Latin Percussion | AudioThing

Sponsored Links

One thought on “AudioThing、レアなアナログドラムマシンを再現したプラグイン『Latin Percussion』をリリース

Comments are closed.